備前焼 鳴瀧窯日記

岡山・備前に工房を構える鳴瀧窯のヨメがつづる日々・暮らしの日記です



【 工房休みのおしらせ 】

11月23日(木・祝)~26日(日)
お休みを頂きます、工房はCLOSEとなります。


【 備前焼ドリッパーnagomについて 】

よくあるお問い合わせをまとめた記事はこちらから
3/26(日)日本経済新聞掲載 備前焼ドリッパー「nagom」はご予約注文にて受付中です
(一回の窯で焼成できる数に限りがある為、長くお待たせする場合もございます)
nagomご予約注文フォームから
お願い致します。


【 お問い合わせ専用フォーム 】

商品全般・その他のお問い合わせは全て
お問い合わせ専用フォームから
お願い致します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

かぶ

はや、2月も後半ですねー。「逃げる」「去る」とはよく言ったものです。
寒いのが大の苦手の私としては、またたく間に過ぎ去ってくれるのはありがたいのですが。


ちょっと前にいただいたかぶ。


画像 531


自宅で完全無農薬で育てているそうで、「そんなに大きくはならないけど、美味しいわよ^^」との事。
さて、どう料理しようかな・・?と考え、先日外でいただいたものがとても美味しかったので
かぶのスープを初めて作ってみましたよ~。


画像 532

五寸浅鉢:¥2800


作り方は、他のスープと同じで玉ねぎと一緒にかぶをコンソメスープで茹で、
ミキサーにかけて裏ごしし牛乳&生クリームでのばして完成です。
かぶは、他の根菜に比べすぐにやわらかくなってくれるので比較的短時間で出来ました!
たいてい漬物にする事が多かったのですが、多くいただくとなかなか食べきれないので
スープにするのはおすすめです!



さて、何度かこちらでも紹介させてもらっている竹細工職人である私の父。


画像 534


1年前くらいにもらったこのカゴは、毎日窯場にお弁当をいれて持っていってます。
型くずれもしないし、だんだんと飴色に変わっていく竹の風合いが好きです。

陶芸と竹、ものづくりという面では同じですがオット曰く
「色んな作業はあるけれど、作業場が一箇所で作れるのはうらやましい」との事。
 そう、陶芸は土も作り、ろくろを回し、更に窯で焼き・・とどうしても色んな場所が必要。
竹の場合は、基本的には竹を削ってヒゴを作り、それを編んでいくという行程です。
(竹は、基本山から切ってくるのでその作業は必要ですが)

うちの父も、自宅の一角のそう広くない場所に作業場を作り仕事をしています。
只、私の様な素人目で見てもこの「ヒゴ作り」は本当に細かく神経を使う作業!


画像 536


勿論全て同じ細さで作らなければいけないわけで・・。
あの青い一本の竹が人の手によってこんなに変化すると思うと色々感嘆するところがあります^^

下は、以前 雑誌「サライ」に載せていただいた時のもの。
こういった生活に溶け込むシンプルなかごを作り続けています。


IMG_1131_20110213131315.jpg


この青い色も、もちろん上のかごの様に色が変わってゆきます。

関連記事
スポンサーサイト




↓ちょっとだけマメに更新中↓
instagram誘導バナー



↓narutakiのうつわをラインナップでご覧頂けます↓ オンラインショップ誘導バナー

| 食卓 | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://narutaki.blog61.fc2.com/tb.php/141-26c68e66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT