備前焼 鳴瀧窯日記

岡山・備前に工房を構える鳴瀧窯のヨメがつづる日々・暮らしの日記です



【 工房休みのおしらせ 】

8月7日(月)~11日(金)
夏休みを頂きます、工房はCLOSEとなります。


【 備前焼ドリッパーnagomについて 】

よくあるお問い合わせをまとめた記事はこちらから
3/26(日)日本経済新聞掲載 備前焼ドリッパー「nagom」はご予約注文にて受付中です
(一回の窯で焼成できる数に限りがある為、長くお待たせする場合もございます)
nagomご予約注文フォームから
お願い致します。


【 お問い合わせ専用フォーム 】

商品全般・その他のお問い合わせは全て
お問い合わせ専用フォームから
お願い致します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最終確認。

スリも終わり、後は陳列するだけの器は 最後にもうひとつやる事があります。

それは水もれの確認。
当たり前なのですが、水を器にいれてみて漏れがないか確認していくのです。
しばらく置いておき水がどこかからもれていないか見ます。
(漏れていれば、その器の周りだけはいつまでも濡れているというわけです)


画像 1111


こんな感じでまわりが乾いていればOKです。
並べると何だか綺麗・・。
釉薬を一切かけていないので、自然なままの色に水が映えます^^


画像 1110


水が美味しそうに見えるので不思議です

これで再度乾かし、無事に器として完成です。


画像 1105

関連記事
スポンサーサイト




↓ちょっとだけマメに更新中↓
instagram誘導バナー



↓narutakiのうつわをラインナップでご覧頂けます↓ オンラインショップ誘導バナー

| 窯場 | 12:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://narutaki.blog61.fc2.com/tb.php/60-ea95605c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT