備前焼 鳴瀧窯日記

岡山・備前に工房を構える鳴瀧窯のヨメがつづる日々・暮らしの日記です



【 備前焼ドリッパーnagomについて 】

よくあるお問い合わせをまとめた記事はこちらから
3/26(日)日本経済新聞掲載 備前焼ドリッパー「nagom」はご予約注文にて受付中です
(一回の窯で焼成できる数に限りがある為、長くお待たせする場合もございます)
nagomご予約注文フォームから
お願い致します。


【 お問い合わせ専用フォーム 】

商品全般・その他のお問い合わせは全て
お問い合わせ専用フォームから
お願い致します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2017年も、備前焼とコーヒー。

結婚前、大阪で働いていた頃はちょこちょこ通っていたスタバ。
でもその頃はあまりコーヒーには興味がなく、もっぱらフラペチーノ系をオーダーしていました。
スタバ=高い という印象があって
後、あのオシャレ感(?)を前面に出している感じが苦手だったりして
こっちに越してきてからは殆ど行っていなかったのだけど。

昨年からコーヒーに目覚めてしまったので
そういえばスタバのコーヒーってどんな味だったけ、と思い
かなりひさびさに買ってみましたよ。

いつのまにか、”ブレンド”じゃなくなってた



久しぶりにスターバックス



前は、「ブレンド」で販売されていた記憶があるレギュラーコーヒーは
いつのまにか「ドリップコーヒー」に名称が変更になっていました。
コーヒーをいろいろ飲みくらべているので、分かったのだけど
スターバックスはけっこう深煎りなんですよね、ブラックじゃ私はちょっと苦いかな。



シアトル、Peet's Coffeeの豆



peet's coffeeの豆



変わってこちらは、シアトル在住の義姉が
お正月の帰国時に買ってきてくれた、Peet's Coffeeの豆。
私もオットもはじめて聞いたのですが、一瞬だけ日本に上陸したらしいですね。

スターバックスの創始者は、もともとPeet's Coffee働いていて
、Peet's Coffeeのようなお店を地元で作りたくってシアトルに戻って始めたそうなので
まさにスターバックスの元祖とも言えるお店。
義理の姉もスタバよりここが好きで、よく通っているそうです。
買ってきてくれたのは、DEEP ROASTなのできついかなと思いきや
コクがあってすごく飲みやすくとっても美味しい豆でした。

私達がシアトルへ行ったのはもう7年前で
その頃はあまりコーヒーに興味が湧かなかったので
いま、もう1度行ったら楽しいだろうなあ。



愛しすぎて、冬



コーヒータイムに必ずからんでくる文月くん。
この、手をからめるのが愛情表現なのですが・・・何もできません。
関連記事
スポンサーサイト


instagram誘導バナー


オンラインショップ誘導バナー

| 珈琲 | 11:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://narutaki.blog61.fc2.com/tb.php/697-049107d2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT